ホーム > 採用情報 > 新人社員教育

新人社員教育

4月1日~10日間

  • 入社式
  • 社長研修
  • 社外研修
  • CAD研修
  • 安全管理研修
  • 現場・工場見学
  • MG研修
  • 副社長研修
  • 社内システム研修
  • 正式配属

入社式

入社式は、毎年4月1日に香川県の三和電業本社にて行われます。
新入社員は緊張した面持ちで三和電業グループの一員として第一歩を踏み出します。

入社式

このページの先頭へ

社長研修(宿泊研修)

入社式終了後、社長研修が始まります。
丸2日間の研修となりますが、この期間中は県内出身者も他の新入社員と一緒に寝食を共にし、同期メンバーとの団結力を養っていただきます。
他社では珍しく、丸2日間社長自らが講師となる研修となり、三和電業グループの経営理念の理解・社会人としての心構えなど技術力だけでなく総合的な人間力を高めるための考え方を学習して頂きます。

社長研修

このページの先頭へ

社外研修

ビジネスマナーがしっかりしているということは、社会人としての基本です。
この研修では、社外の研修に参加していただき、他社の新入社員と一緒に基本のビジネスマナーを学んで頂きます。来客対応・電話対応・名刺交換だけでなく、職場における人間関係の作り方や仕事を進める方法を習得します。

社外研修

このページの先頭へ

CAD研修

施工管理の仕事には、必ず必要となるのはCAD操作です。
CADとは図面を描くソフトであり、三和電業グループでは一般的なCADではなく設備専門のCADソフトを使用しているため、学生時代にCADを勉強していても若干違いがあります。
この研修ではCADの基本的な操作を学んで頂き、内定者課題で作成した図面の添削も行い修正点を確認していきます。
また、CAD研修のほかに、PCの基本的な操作や社内メールの書き方も学習します。

CAD研修

このページの先頭へ

安全管理研修

現場を管理する上で重要となるのは安全管理です。
新入社員研修でも、施工中の現場を見に行く場合がありますので、この研修では安全管理に必要な知識を身につけて頂きます。
講師は、ベテラン社員が担当し実際の施工物件の資料を使って安全管理をきっちりと学んで頂きます。
この研修を受けなければ現場には入れません。

安全管理研修

このページの先頭へ

現場・工場見学

三和電業グループが施工した工場や施工中の現場見学を行います。
工場見学では、三和電業グループのお客様である大塚グループ様を訪問させて頂きます。
意外と身近にある三和電業グループの施工物件にビックリすると同時に、大規模の物件に圧倒されますが、3年後、5年後には新入社員も立派な現場代人となり大型物件を担当出来るようになります。

現場・工場見学

このページの先頭へ

MG研修(マネージメントゲーム)

三和電業グループが属する建設業は、お客さまから物件を受注して仕事を行う受注産業です。
受注産業とはどの様に仕事と利益を確保していくのか!?という疑問をゲームで楽しみながら理解して頂きます。
MG研修は三和電業グループオリジナルの手作りゲームです。レゴブロックとボードを使って楽しくマネージメントゲームを行いましょう。

MG研修

このページの先頭へ

副社長研修

経営計画書の深堀と研修の総括。研修中に何を学んだか、自身の未来を描きます。意義深い時間となっています。

副社長研修

このページの先頭へ

社内システム・ルール

三和電業グループの就業規則など会社のルール全般と、災害時安否確認システム、社内行事などについて学びます。
H29年度は、研修で学んだことを取り入れたプレゼン発表も行われました。

社内システム・ルール

このページの先頭へ

正式配属

研修を終えると、各部署への配属となります。ここからが、本当の活躍の場です。
入社試験時に受けたSPIの結果を振り返り、自分自身の特徴を理解し今後の行動に活かしていきます。
研修で学んだことを思い出しながら、気持ちも新たに、日々の仕事に臨み始めます。

このページの先頭へ

親孝行レポート

 4月に初任給をいただいたので、5月の連休中に両親と姉を連れて晩ご飯を食べに行きました。  久しぶりに両親と姉とゆっくり話をすることができました。中学生の時や高校生の時は親に迷惑や心配ばかりかけていたので、今回の親孝行でとても喜んでくれて嬉しかったです。次は兄も連れて家族全員をご飯に連れていきたいです。
 4月から初めて一人暮らしを始めて、改めて親のありがたさを感じました。掃除や洗濯、ご飯を毎日作ってくれる。これらのことを自分でやりはじめて、親がこれまでやっていてくれていたことはとても大変なことなのだと知りました。これからは自分でしっかりとやっていかないといけないと思いました。
 今回の親孝行に引き続き、これからも感謝の気持ちを忘れずに親に心配をかけないように親孝行をしていきたいです。また、早く仕事を覚えて立派な社会人になれるように頑張っていきたいと思います。

板東 俊兵
三和電業(株)高松支店
板東 俊兵

 私は4月25日に社会人になって初めてのお給料をいただきました。
 4月は新人研修や事務所での仕事がメインでわからないことが多く、たくさん迷惑をお掛けし、働くことの大変さを感じました。
 親孝行をしようということで両親と祖父母で食事に行きました。楽しい会話もしつつ、仕事の会話もして有意義な食事会になったのでよかったです。 最後に「ありがとう」と言われた時には少しは親孝行できたかなとホッといたしました。
 家族には20年間とても心配や迷惑をかけてきたので日頃の感謝を伝える良い機会になりました。しかし、まだ20年分の親孝行はできていないのでこれから少しずつ何らかの形でやっていきたいと思います。そのためには、1日でも早く立派な社会人になって心配や迷惑をかけないようにしたいです。

重松 純弥
三和電業(株)福岡営業所
重松 純弥

 私は長期休暇を利用し実家に帰ることにしました。なかなか会えないので、一緒に時間を過ごすことが大切ではないかと思い、家族で食事に行くことにしました。
 家族からは「まだ標準語にはなってないな」「休みの日は何してるん?」など、いろいろな話をしました。 その中で一番印象に残っているのは、父に言われた「帰ってくることが親孝行やな」という言葉です。帰ってくるだけで本当に親孝行になるのか疑問でしたが、親の立場になって考えてみるとそうなのかもしれないと思いました。
 私はこれまで、両親にたくさんの心配や迷惑をかけてきました。次は私が恩返しする番です。頻繁に帰ることはできないけど、帰った時は親孝行しようと思います。そして、会う度に成長した自分を見せられるようにしたいです。
 自分で選んだ道。たくさん挑戦してたくさん失敗をし、技術を身に付けていきたいです。立派な社会人になり家族を安心させてあげたいです。

川村 光希
三和空調(株)
東京HVAC事業部
川村 光希

 社会人になって初めての給与を頂きました。
 そこで、これまでいろいろな形でお世話になり、これからもお世話になる自分の両親に、感謝の気持ちを表しました。  僕の両親は何か物をプレゼントするより、美味しい食事の方が喜ぶかなと思ったので、5月3日に一緒に夕食を食べに行くことにしました。
 僕は高校・大学と親元を離れて、様々ないい経験をさせてもらい、いろんな面でお世話になっていたのに自分の好き勝手していたので、今までの感謝の気持ちを伝えるいい機会となりました。
 食事中は、僕や両親の昔話に花を咲かせることができ、家族のことでさえ知っているようで実は知らなかったこともたくさん話すことができました。しかし、両親とはこれからも長く付き合っていくので、これを機に今まで受けてきた恩を自分なりに返せればと思います。

畦地 均史
三和空調(株)HVAC事業部
畦地 均史