今月の一言

未来に向けて、明るい変化の兆し

2020.12.01

徳島県へのフェイスシールド寄付 感謝状贈呈式

 少しずつ本格的な寒さが到来し、冬らしい気候になってきました。早くも12月。皆さんにとって今年はどんな年だったでしょうか?

今年一年の振り返り「コロナに負けるな!

2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開催され、世界中から多くの外国人が日本を訪れ、大変な賑わいで大忙し…というのが、1年前の予想でした。

しかし現実はまったく違うものになりました。当時は予想もしなかった新型コロナウィルスの大流行。日本のみならず世界中が大混乱に陥り、都市封鎖や緊急事態宣言が出るなど、賑わうどころか世界中が自粛ムードとなってしまいました。

日本でも気温が下がるにつれて感染者数が増加しており、第3波と呼ばれる流行のピークが来ると予想されています。このような厳しい環境の中で、必要な感染対策を行いながらも変化に対応し、ピンチをチャンスと捉えて懸命に努力してくれた皆さんのおかげで、何とか年末を迎えようとしています。

まだまだ何が起こるか分からない状況ではありますが、例え何が起こってもビクともしない三和となるように、引き続き全社員一丸となって奮闘努力して参りましょう!

今年の社会奉仕金は大幅増へ

さて、今年のコロナ禍は広い範囲で大きな影響が出ており、三和として何かできないかという意見が以前から多く出ていました。

毎年、税引き後利益の5%を社会奉仕金として寄付していますが、「今年はそれだけでは不足だ!」ということで、コロナ対策で懸命に頑張っておられる自治体や医療機関、教育機関へ、別枠での寄付が出来ました。

各地区で必要な物資をお尋ねし、ご要望のあったアルコール消毒液や医療用ガウン、フェイスシールドなどを手配しました。それらを直接お届けすることで、よりお役に立てたように感じています。

中には学生さんへの奨学金という形での寄付もあり、多岐に渡る社会奉仕活動が出来ました。 社員みんなの努力によりお客様から頂いた利益の一部を、このように地域社会のために活用することができることに、心から感謝しています。

高松市への医療用サージカルガウン等の寄付(7月)

三和のK会議にも変化の兆しが…

さて、先日行った経営幹部会議(K会議)で嬉しい出来事がありました。

K会議とは三和の全部門長が行う月一回の定例会議ですが、「長時間かけて行う割には価値が高まっていないのではないか…」という声が多くありました。勿論、随時改善はしていましたが、一部の関係者だけで行う改善では不足でした。

それが今回、(この情報誌のコラムでもお馴染みの)中川支店長から大きな声が上がりました。

「今のままではアカン!K会議の主役は部門長や!俺たちで変えていこう!!」

この声に全部門長が賛同しました。その場で意見を聞いていくと、全員が前向きで建設的な意見を言ってくれたのです。みんな「改善したい!良くしたい!」という思いは持っていたんですね。

多分このような思いは、誰もが持っているのでしょう。しかしその思いを口に出し、周りを巻き込みながら行動できるかどうかは、紙一重のように見えて大きな差があります。

早速12月のK会議から変えていこうと、中川支店長を中心に活発な動きをしてくれています。

その結果がどうなるかは分かりません。しかし主役である部門長が「俺たちの会議だ、俺たちで良くしていこう!」という思いで動いてくれている現状が何よりも大切で、もし上手くいかなくても更なる改善が始まると確信しています。

何かと暗い話題が多かった2020年ですが、そんな中でもこのような変化が随所に出てきています。1年前では思いもよらなかった変化が可能になった今年、今後なにが起こってもビクともしない、明るく愉しい三和を目指していきましょう!

topへ